保険診療と自由診療のどちらにも利点と欠点があります

保険診療と自由診療の違いをしっかりと把握して、どちらが自分に向いているのか患者さまご自身に判断していただければと思います。

自由診療と保険診療

日本には「国民皆保険制度」という制度があります。これは、誰でも、国内のどこに住んでいる人でも、平等に治療を受けられるように始められたものです。

保険制度では、一つひとつの診療行為について、それぞれ治療費が定額で決められています。患者さまは、その治療費のうち保険制度で決められた割合だけを負担します。そのため、患者さまはどこの病院や歯科医院に行っても、同じ負担額で同じ治療を受けられるようになっています。

しかし保険診療は、あくまで必要最低限の診療です。病気によって検査内容や使える薬なども決まっています。ですから、遠い先のことまで考えて、質の高い材料や薬剤を使い、手間をかけて診療することはできません。

自由診療と保険診療

一切の制約がない自由診療
自費診療には、使用できる薬や材料についての制約が一切ありません。そのぶん治療費は保険診療より高額です。しかし、一人ひとりの患者さまにあった最適な材料・治療法を、手間をかけて治療ができるという利点があります。

自費診療は、ただ単に見た目が美しいだけの高額な治療ではありません。ここでは、保険診療と自費診療の違いについてご説明し、保険診療の利点と欠点、自費診療の利点と欠点をご理解いただいた上で、どちらにするか選んでいただければと思います。

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております