歯医者になった理由

院長あいさつ私は、父が歯科医師という家に生まれました。自宅が診療所を兼ねていたため、小さい頃から歯科医院独特の「キーン」という音を聞いて育ちました。父が治療する姿をよく見ていたこともあり、自然と歯科医師になる道を選んだ気がします。

大学に入学して勉強を始めてから、改めて歯科医師という仕事が自分に向いていると思うようになりました。血筋もあるのかもしれませんが、昔からものづくりが好きで手先が器用なことも大きかったと思います。そして卒業後も研修医として母校の大学に残り、現在の基礎となる治療を各専門の先生にみっちり教わりました。

その後、大阪市内にある大手歯科医院で勤務することとなりましたが、ここで私にとっての転機が訪れたのです。

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております