予防の一環として治療の質を上げる

院長あいさつそれから私は、予防に重点を置いて診療するようになりました。すると、次の課題が見えてきたのです。

現在、歯科治療の約70%は再治療であると言われています。つまり、一度治療したところが何らかの原因でまた悪くなり、再び歯科医院に通うことになってしまうというものです。再治療となる可能性を減らせば、歯の健康はそれだけ守られるのです。

もちろん当時も、決して自信のない治療をしていたわけではありません。でもできるだけ長く歯の健康状態を維持するために、もっと治療の質を上げたい。そう考えた私は、さまざまな研修会を次から次へと受講するようになりました。給与のほぼすべてが研修会の参加費に消えたといっても過言ではありません。

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております