【保険診療と自由診療の違い2】印象材

保険診療と自由診療の違いお口の中の型を取るために使う材料を印象材と言います。歯の詰め物や被せ物、入れ歯などは、すべて印象材でとった型をベースにして作ります。質の良い治療ができるかどうかは、どれだけ精度の高い型が取れるかにかかっていると言っても過言ではありません。

保険診療で使われる印象材は、海草の寒天から作られています。寒天印象材は水分量が多いためちぎれやすく、時間が経つと変形しやすいという欠点があります。それだけに精度が悪くなり、歯と詰め物や被せ物との間に隙間ができて、むし歯などの原因となってしまうこともあります。

自由診療で被せ物の型取りをするときに使われる印象材はシリコン製です。シリコン印象材は変形したりちぎれたりすることが少ないので、精度の高い型が取れます。そのため、隙間のない被せ物を作ることが可能です。

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております