おもな入れ歯の種類

当院では、それぞれの患者さまに合った入れ歯をご提案できるよう、さまざまなタイプの入れ歯を手がけています。その中から、代表的なものをいくつかご紹介します。

入れ歯金属床
入れ歯を支えている床の部分のうち、上あごや舌に触れるところをチタンなどの金属で作った入れ歯です。丈夫なだけでなく、床を薄くできるので違和感も少なくなります。また、金属は熱を伝えやすいので、食べ物の温度がよくわかるという利点もあります。

<金属床のメリット>
・丈夫なため、壊れにくい
・プラスチックよりも薄く作ることができるため、違和感が少ない
・金属製なので、食べ物の温度が伝わりやすい

<金属床のデメリット>
・保険が適応されない

入れ歯インプラントデンチャー
通常のインプラント手術と同じようにあごの骨にインプラントを埋め込み、それを土台にして入れ歯を取りつける方法です。取り外しができるので、お手入れも簡単です。

<インプラントデンチャーのメリット>
・入れ歯がしっかり支えられるので、何でもよく噛める
・粘膜にかかる負担を軽減できる
・入れ歯が落ちたり外れたりしにくい
・入れ歯の中では最も違和感が少ない

<インプラントデンチャーのデメリット>
・インプラント手術が必要
・入れ歯が使えるようになるまでの治療期間が長い
・あごの骨の状態によっては使えないことがある

入れ歯マグネットデンチャー
残っている歯と義歯の両方に小さな磁石を埋め込み、磁力で部分入れ歯を固定する方法です。歯の根だけでも残っていれば、マグネットを入れることができます。

<マグネットデンチャーのメリット>
・歯の根が少しでも残っている部分なら簡単に入れられる
・歯にかかる負担が少ない
・留め金がないので、見た目が美しい
・壊れたときの修理が簡単

<マグネットデンチャーのデメリット>
・残っている歯が弱いとできないことがある

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております