他院でインプラント治療を断られた患者さまへ

インプラントインプラント治療では、あごの骨に埋め込んだ土台で義歯を支えるため、あごの骨量が十分でなければ治療できない場合があります。そんな患者さまのために、当院ではあごの骨量を増やす増骨手術も行っております。他院でインプラント治療を断られてしまったという方も、ぜひ一度ご相談ください。

増骨手術も、部位によってさまざまな方法があります。その中から代表的なものをいくつかご紹介します。

サイナスリフト
上あごの骨の厚みが薄い場合に行われる増骨手術です。上あごの奥歯の上部には「上顎洞(じょうがくどう)」と呼ばれる空洞があります。空洞が大きくインプラントをするのに十分な骨がない場合、上顎洞の底にあたる部分を持ち上げ、できた空間に人工骨や自家骨を移植します。インプラント埋入に必要な骨の厚みを確保します。

ソケットリフト
サイナスリフトと同じく、上あごの骨の厚みが薄い場合に行われる増骨手術です。サイナスリフトよりも骨の厚みがある場合に行われます。

インプラントを埋め込むための穴を利用し、上顎洞の底部を押し上げ、できた空間に人工骨や自家骨を移植。インプラント埋入に必要な骨の厚みを確保します。サイナスリフトのように大幅な増骨手術ではないので、術後の痛みなどを軽減できます。

GBR
GBRは、骨の高さ・厚みが不足している場合に行う治療方法です。歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上にメンブレンという人工膜を置きます。歯肉などの柔らかい組織が混入しなくなるので、骨の再生が促進されます。

個人差がありますが4~6か月で歯槽骨が再生され、インプラントの安定性が確保されます。

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております