当院のインプラント治療の流れ

当院では、インプラント治療の中でも代表的な2回法というシステムを行っています。インプラント治療の流れをご説明します。

【STEP1】カウンセリング
まず問診表にご記入いただき、カウンセリングを行います。カウンセリングの担当は、インプラントを専門としている当院の院長が行います。まずはレントゲン撮影を行い、それをもとにお話をさせていただきます。インプラント治療についてあまりご存知ではない患者さまには、症例の写真や模型を使ってわかりやすく説明します。通常1回目はこれで終了です。
下へ

インプラント【STEP2】検査
1回目のカウンセリングでインプラントを検討されている患者さまには、口腔内診査、歯型採り、写真撮影、歯周病検査などを行い、患者さまのお口の状態を正確に把握します。
下へ

インプラント【STEP3】診断に基づいた治療計画の説明
検査結果に基づいて、詳しい治療計画のご説明をします。患者さまが十分に納得されてから、治療スタートとなります。
下へ

【STEP4】むし歯や歯周病の治療
むし歯や歯周病にかかっていると、手術の際や治療後にインプラントへの細菌感染の危険があるので、すぐにインプラント治療ができません。そのため、治療を始める前にむし歯や歯周病の治療を行います。また、骨量が不足している方には増骨手術を行います。
下へ

【STEP5】インプラント埋入
あごの骨に人工歯根(インプラント)を埋め込みます。
インプラント次へインプラント
下へ

【STEP6】治癒期間
埋め込んだインプラントとあごの骨が結合するのを待ちます。通常は2~6か月で結合します。治癒期間中は結合するのを待つだけなので、日常生活に支障が出ることはありません。
下へ

【STEP 7】インプラントの頭出し
歯ぐきの下に埋まっているインプラントの頭出しをします。
下へ

【STEP 8】人工歯の型取り
お口の中の型を取り、インプラントに取りつける土台(アバットメント)と被せ物(クラウン)を作ります。
下へ

【STEP 9】人工歯の装着
インプラントに土台(アバットメント)を取りつけます。その上に被せ物(クラウン)を被せます。
インプラント次へインプラント
下へ

【STEP10】メンテナンスと定期検診
治療終了後は2か月に一度の定期検診を行い、インプラントに異常がないかをチェック。そして口腔内のクリーニングなどを行います。インプラントを長く使い続けるために、治療終了後も定期的な検診は欠かせません。

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております