歯周病治療とメンテナンス

インプラントかつて、インプラント治療のあとは、特別な措置は必要ないと考えられてきました。ところが近年になって、インプラントの周囲にも歯周病のような病気が発症することがわかったのです。これはインプラント周囲炎と呼ばれています。

インプラント周囲炎の直接の原因も、歯周病と同じ歯垢や歯石です。治療しないでそのままにしているとインプラント周囲の骨が溶けて、やがてはインプラントが抜け落ちてしまいます。

インプラント治療後は定期的にメンテナンスを
インプラント周囲炎を起こさないためには、まず手術前に口腔内の原因菌をできる限り減らしておくこと、すなわち歯周病をしっかり治してからインプラントを行うこと。そして治療後には、毎日の適切なブラッシングが大切です。

ブラッシングで落としきれない汚れは、定期的に歯科医院でのメンテナンスを受けて、クリーニングを行う必要があります。当院では、インプラント治療を行った患者さまが良い状態を長く維持できるように、積極的にメンテナンスに取り組んでおります。

インプラント治療は、義歯が入ったら終わりではありません。長く使い続けるためにも、定期検診をしっかりと行うことが大切です。

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております