歯周病の基本治療

歯周病の治療は、まず病状を正確に把握することから始まります。レントゲン撮影と歯周ポケットの深さや歯の揺れ、出血状態を見る歯周組織検査をすることで、歯周病がどのくらい進行しているのかを調べます。

初期治療としては、まずブラッシング指導を行い毎日のケアを充実させます。その次に、歯周病の大きな原因となっている歯垢や歯石を、専用の機械で除去します。

初期治療が終わった段階で、再び歯周組織検査を行い、歯周組織の状態を評価。歯周ポケットの状態が改善していなければ、歯周外科手術を行ったほうがいいかを検討します。

スケーリングとルートプレーニング
スケーリングとは、歯の表面についた歯垢や歯石を取り除く施術です。超音波スケーラーと呼ばれる専用の器具で、硬くなった歯石を超音波の力で除去します。

歯周ポケットの内部に歯垢や歯石がついている場合は、部分麻酔をして、ハンドスケーラーという専用の器具で歯周ポケット内部の歯垢や歯石、汚染された歯質を徹底的に取り除きます。

スケーリングを行ったあとは歯の表面がでこぼこになってしまうので、なめらかになるように整えます。これをルートプレーニングと言います。そうすることで、剥がれてしまった歯肉が歯にしっかり付着するようになります。

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております