歯周病は骨の病気

初期の歯周病では痛みなどの自覚症状がほとんど出ないので、気づかないうちに進行してしまいます。すると歯周ポケットは次第に深くなり、細菌の感染が深い部分にまで及んできます。そしてやがては、歯を支える骨が次第に溶け出し、歯がぐらつくようになってしまいます。

歯周病治療

歯がぐらつくなどの自覚症状が出てからでは、すでに手遅れになっているケースも少なくありません。その場合は残念ながら、歯を抜かなければならなくなります。そのまま放置していても、いずれは骨が溶けて自然に歯が抜けてしまいます。

歯周病は、歯ぐきの病気ではありません。歯を支えている骨が溶けてしまう病気なのです。

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております