歯科金属によるアレルギー疾患

審美歯科「手足がかぶれてかゆい」「肌荒れが全然治らない」......。このような症状でお悩みのあなた。もしかしたら、お口の中にある詰め物や被せ物が原因の金属アレルギーかもしれません。

特定の金属が身体に触れることでかぶれやかゆみなどの症状を引き起こす金属アレルギーですが、実は口腔内の歯科金属などが原因でアレルギー疾患が起こるケースがあります。「皮膚科でいくら治療しても治らない」という方は、歯科金属が原因かもしれません。

当院では、アレルギーの心配がないノンメタル治療に取り組んでいます。金属を撤去し、金属を用いない材料に交換する治療を行っておりますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

金属アレルギーについて
お口の中に装着している義歯や詰め物など、歯科治療用金属(一般的にパラジウム・ニッケル・水銀など)が原因となり、顔や全身にアレルギー症状を発症する場合があります。

長期間装着することで、腐食や消耗などによって金属成分の溶解が起こり、金属がイオン化して体内に取り込まれます。それがアレルギーを引き起こす原因となるのです。もちろん、すべての方が金属アレルギーになるわけではありませんが、治療で金属を使用する際には十分な注意が必要です。

ノンメタル治療とは
ノンメタル治療とは、お口の中の治療で金属を使わないことです。現在日本の保険診療では、被せ物や詰め物のほとんどに金属が使われています。当たり前に使用されている金属ですが、上記でご説明したように金属アレルギーを引き起こす可能性があります。

ノンメタル治療では、金属の代わりにセラミックや、セラミックとプラスチックを混ぜたハイブリット素材などを使用し、金属アレルギーのリスクを取り除きます。

さらにセラミック系の歯に近い見た目の材質を使用することで、見た目にも美しい口元が実現できます。

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております