むし歯治療

むし歯はなるべく早く発見して、早期に治療したいものです。当院では患者さまの負担を少なくするため、痛みの少ない治療を行っております。

むし歯治療

むし歯の原因は、歯の表面についた歯垢(プラーク)です。歯垢とは、ただの汚れや食べ物のカスではありません。食べ物のカスなどに細菌がついて繁殖し、粘り気のある固まりになったものが歯垢なのです。

歯垢の成分の8割は細菌。それが歯の表面にべったりと貼りつき、食事をするたびに栄養を取り込んで、酸を作り出します。その酸が歯を溶かしてしまった状態を「むし歯」と呼びます。

痛みが出たときには、かなり進行しているむし歯
歯が溶かされてしまった部分には、細菌の作り出した酸がついています。そのまま放置しておくと、酸はどんどん歯の内部に入り込み、歯はぼろぼろになってしまいます。そのためむし歯の治療では、酸がついた悪いところを取り除くしかありません。

初期のむし歯は、痛みがありません。歯の内部の神経に近いところまで穴が開いて、初めて痛みを感じるのです。むし歯で歯が痛くなったら、かなり進行しているものと思ってください。

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております