むし歯の進行度合いと治療法

むし歯はその進行度合いによって、5段階に分けられています。各段階の症状と、治療法についてご説明しましょう。

むし歯●CO(初期う蝕)
歯の表面だけが溶かされ、まだ穴が開いていない状態です。正しい歯みがきを行うとともに、フッ素塗布などで再石灰化を促し、自然に治すことができます。

むし歯●C1(エナメル質う蝕)
歯の表面を覆っているエナメル質に穴が開いた状態です。この段階では痛みなどの自覚症状はありませんが、放置するとどんどん進行します。治療では、悪くなった部分を取り去り、詰め物をします。

むし歯●C2(象牙質う蝕)
むし歯の細菌が、エナメル質の内側にある象牙質まで達した状態です。まだ神経には達していないので、通常は痛みを感じることはありませんが、冷たい水や甘いものが歯にしみることもあります。治療では悪くなった部分を取り去り、詰め物か被せ物をします。

むし歯●C3(神経まで達したう蝕)
歯の中心にあり神経が通っている歯髄の部分にまで、細菌が達した状態です。痛みを感じるだけでなく、歯髄炎などの炎症を起こしていることもあります。この段階になると、麻酔をして根管治療(神経の治療)などを行い、被せ物をします。

むし歯●C4(残根状態)
歯のほとんどが溶けてしまい、歯の根しか残っていない状態です。神経も死んでしまっているので、意外にも痛みはそれほどありません。ほとんどの場合、歯を残すことはできません。

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております