インプラント

当院では滅菌処理の行き届いたインプラント専用のオペ室を完備。身体にやさしいアストラテックインプラントを使用し、定期メンテナンスにも取り組んで、長期にわたって使うことが出来るインプラント治療をご提供します。

インプラント

むし歯や歯周病、あるいは事故など、さまざまな原因で生まれもった天然の歯を失ってしまうことがあります。そんなとき、なくなった歯を補う治療のひとつがインプラントです。インプラント治療では、歯を失ってしまった部分のあごの骨に人工歯根を埋め込み、それを土台にして人工の歯を取りつけます。

埋め込まれた人工歯根は、あごの骨としっかりと結合するので、治療後の咀しゃく力は天然の歯と変わりません。また、人工歯根の上に取りつける義歯は、患者さまの歯並びに合わせて1本ずつ作っていきます。そのため、見た目も天然の歯とほぼ区別がつきません。

なくしてしまった歯を補うには、ほかにも入れ歯やブリッジなどの方法があります。ブリッジは健康な歯を削らないと取りつけられない、入れ歯は違和感があり噛む力も弱くなるといった欠点をもっていました。その欠点をなくし、天然の歯とほとんど変わらない状態にできるのがインプラントなのです。

ブリッジ<ブリッジの特徴>
・歯を入れる部分と隣り合った健康な歯を削らなければならない
・土台となる歯に負担がかかる
・ダミーの歯に食べ物が詰まることがある

入れ歯<入れ歯の特徴>
・入れ歯を支える歯に負担がかかる
・天然の歯よりも噛む力が弱くなる
・見た目が良くない
・使っているうちに合わなくなる
・装着時に違和感がある

インプラント<インプラントの特徴>
・周囲の歯に負担をかけることがない
・天然の歯とほぼ同じように噛める
・むし歯にならない
・治療のために手術が必要

インプラントの専門家が治療

インプラント当院の院長は、国際口腔インプラント学会の認定医と日本口腔インプラント学会の専修医であり、JIADS(歯周病外科・審美歯科治療・インプラント治療研修会)、OSI(アストラテックインプラント研修会)など数々の研修会で研鑽を積んだインプラント治療のエキスパートです。また海外研修を受講することにより最新の知識と技術で、安全・安心なインプラント治療をご提供しています。

あごの骨量が少ないためにインプラント手術が難しい症例でも、増骨手術などでインプラント治療を可能としております。他院にてインプラント治療を断られた方でも、まずはお気軽にご相談ください。

インプラント専用手術室を完備

インプラントインプラント治療では、手術中の滅菌対策が重要です。治療した部分が細菌に感染すると炎症が起こり、インプラントと骨が接合しなくなったり、埋め込んだインプラント体が抜けてしまったりといった事態が起こってしまいます。

そのため当院では、併設のインプラントセンターにインプラント治療に特化した手術室を完備しました。最新の機器を揃え、可能なものはすべて使い捨てにするといった滅菌対策を実施しておりますので、安心してインプラント治療を受けていただけます。

インプラント製品へのこだわり

インプラント治療は、まだ生まれてからそれほど時間の経っていない新しい技術です。そのため、10年以上の長期にわたる研究を経て開発された、信頼できるインプラント製品は決して多くはありません。

しかし、インプラントは身体の中に埋め込んで、長期にわたって使うものです。将来にわたって変わらず使用できる製品であること、そして修理部品などが変わらず供給されていることが、インプラント製品を選ぶ上での必須条件となります。

アストラテック社のインプラントインプラント
当院で使用しているインプラント体は、世界的な医療器具メーカーであるスウェーデンのアストラテック社の製品です。アストラテックインプラントは世界4大オリジナルインプラントの1つであり、インプラント治療の初期から世界中で用いられています。1985年にカロリンスカ大学病院(スウェーデン、ストックホルム)で臨床使用を開始し、日本では1996年9月国内販売許認可を取得しました。

安定した素材である純チタン製で、デザイン的にも生体親和性に優れ、骨との結合が非常に早くて強固です。スウェーデンのイエテボリ大学での臨床研究では、下あごに比べて成功率が低いとされてきた上あごの治療でも、97%という下あごと変わらない成功率が報告されています。

また、生物学的アプローチと生体力学的アプローチによって設計されており、この優れた組み合わせは「アストラテックインプラントシステムバイオマネジメントコンプレックス」と呼ばれ、機能・審美・生物学、各々の相互の調和を提供することができます。

アストラテックインプラントシステムは、その優れた予知性・機能性・審美性の維持という点において日本国内でも多くの評価を得ています。

アストラテックインプラントの構造
インプラントの上にアバットメント(土台)を連結し、その上にクラウン(被せ物)を装着します。
アストラテックインプラント

歯周病治療とメンテナンス

インプラントかつて、インプラント治療のあとは、特別な措置は必要ないと考えられてきました。ところが近年になって、インプラントの周囲にも歯周病のような病気が発症することがわかったのです。これはインプラント周囲炎と呼ばれています。

インプラント周囲炎の直接の原因も、歯周病と同じ歯垢や歯石です。治療しないでそのままにしているとインプラント周囲の骨が溶けて、やがてはインプラントが抜け落ちてしまいます。

インプラント治療後は定期的にメンテナンスを
インプラント周囲炎を起こさないためには、まず手術前に口腔内の原因菌をできる限り減らしておくこと、すなわち歯周病をしっかり治してからインプラントを行うこと。そして治療後には、毎日の適切なブラッシングが大切です。

ブラッシングで落としきれない汚れは、定期的に歯科医院でのメンテナンスを受けて、クリーニングを行う必要があります。当院では、インプラント治療を行った患者さまが良い状態を長く維持できるように、積極的にメンテナンスに取り組んでおります。

インプラント治療は、義歯が入ったら終わりではありません。長く使い続けるためにも、定期検診をしっかりと行うことが大切です。

当院のインプラント治療の流れ

当院では、インプラント治療の中でも代表的な2回法というシステムを行っています。インプラント治療の流れをご説明します。

【STEP1】カウンセリング
まず問診表にご記入いただき、カウンセリングを行います。カウンセリングの担当は、インプラントを専門としている当院の院長が行います。まずはレントゲン撮影を行い、それをもとにお話をさせていただきます。インプラント治療についてあまりご存知ではない患者さまには、症例の写真や模型を使ってわかりやすく説明します。通常1回目はこれで終了です。
下へ

インプラント【STEP2】検査
1回目のカウンセリングでインプラントを検討されている患者さまには、口腔内診査、歯型採り、写真撮影、歯周病検査などを行い、患者さまのお口の状態を正確に把握します。
下へ

インプラント【STEP3】診断に基づいた治療計画の説明
検査結果に基づいて、詳しい治療計画のご説明をします。患者さまが十分に納得されてから、治療スタートとなります。
下へ

【STEP4】むし歯や歯周病の治療
むし歯や歯周病にかかっていると、手術の際や治療後にインプラントへの細菌感染の危険があるので、すぐにインプラント治療ができません。そのため、治療を始める前にむし歯や歯周病の治療を行います。また、骨量が不足している方には増骨手術を行います。
下へ

【STEP5】インプラント埋入
あごの骨に人工歯根(インプラント)を埋め込みます。
インプラント次へインプラント
下へ

【STEP6】治癒期間
埋め込んだインプラントとあごの骨が結合するのを待ちます。通常は2~6か月で結合します。治癒期間中は結合するのを待つだけなので、日常生活に支障が出ることはありません。
下へ

【STEP 7】インプラントの頭出し
歯ぐきの下に埋まっているインプラントの頭出しをします。
下へ

【STEP 8】人工歯の型取り
お口の中の型を取り、インプラントに取りつける土台(アバットメント)と被せ物(クラウン)を作ります。
下へ

【STEP 9】人工歯の装着
インプラントに土台(アバットメント)を取りつけます。その上に被せ物(クラウン)を被せます。
インプラント次へインプラント
下へ

【STEP10】メンテナンスと定期検診
治療終了後は2か月に一度の定期検診を行い、インプラントに異常がないかをチェック。そして口腔内のクリーニングなどを行います。インプラントを長く使い続けるために、治療終了後も定期的な検診は欠かせません。

他院でインプラント治療を断られた患者さまへ

インプラントインプラント治療では、あごの骨に埋め込んだ土台で義歯を支えるため、あごの骨量が十分でなければ治療できない場合があります。そんな患者さまのために、当院ではあごの骨量を増やす増骨手術も行っております。他院でインプラント治療を断られてしまったという方も、ぜひ一度ご相談ください。

増骨手術も、部位によってさまざまな方法があります。その中から代表的なものをいくつかご紹介します。

サイナスリフト
上あごの骨の厚みが薄い場合に行われる増骨手術です。上あごの奥歯の上部には「上顎洞(じょうがくどう)」と呼ばれる空洞があります。空洞が大きくインプラントをするのに十分な骨がない場合、上顎洞の底にあたる部分を持ち上げ、できた空間に人工骨や自家骨を移植します。インプラント埋入に必要な骨の厚みを確保します。

ソケットリフト
サイナスリフトと同じく、上あごの骨の厚みが薄い場合に行われる増骨手術です。サイナスリフトよりも骨の厚みがある場合に行われます。

インプラントを埋め込むための穴を利用し、上顎洞の底部を押し上げ、できた空間に人工骨や自家骨を移植。インプラント埋入に必要な骨の厚みを確保します。サイナスリフトのように大幅な増骨手術ではないので、術後の痛みなどを軽減できます。

GBR
GBRは、骨の高さ・厚みが不足している場合に行う治療方法です。歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上にメンブレンという人工膜を置きます。歯肉などの柔らかい組織が混入しなくなるので、骨の再生が促進されます。

個人差がありますが4~6か月で歯槽骨が再生され、インプラントの安定性が確保されます。

インプラントの適正価格について

最近は、格安な治療費用でインプラント治療を行う歯科医院があります。当院でも患者さまから「なぜ歯科医院によってインプラントの治療費用が異なるのですか?」という質問を受けます。理由はたくさんありますが、一般的にこだわった治療をしている歯科医院ほど、経費はかかり治療費用は高い傾向にあります。

週刊ダイヤモンドでインプラントの適正価格についての記事が紹介されていましたのでご紹介します。われわれ専門家が読んでも正しい取材に基づいた記事だと感じます。ぜひ、歯科医院選びの参考になさってください。


<週刊ダイヤモンド掲載記事(2013/6/15)>

格安インプラントには裏がある
格安インプラントは利幅が薄いので、患者数を増やし利益を積み上げる必要がある。このため、抜かなくていい歯まで抜いてインプラントを多数埋入するやり口が跋扈。数をこなすビジネスモデルが治療ミスも誘発した。

使用するインプラントにも問題があった。まともな歯医者は厚生労働省が承認したものを使う。フィクスチャーという埋入する部分で約4万円だ。一方、格安インプラントでは、韓国や中国から個人輸入した商品を使っていることが多い。1本約3,000円という超格安品も出回っている。

格安品も素材は「承認品と変わりはない」(インプラントメーカー幹部)。しかし、韓国メーカーの工場を視察した歯医者によると、「滅菌体制が全く整っていない」「とても購入する気になれなかった」と打ち明ける。

インプラント治療市場は下火になりつつある。インプラント治療を行う医療機関は11年時点で1万1,331ヵ所。3年で3,000ヵ所以上が撤退した。

インプラント

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております