審美歯科

セラミックの材料とホワイトニングで素敵な笑顔を創ります。

審美歯科

口元はお顔の中でも目立つパーツです。そのため、歯がキレイなだけで、顔全体の印象が違ってくることもあります。審美歯科ではそんな印象的な口元を実現するために、歯の白さや歯並びなど、見た目の美しさを追求する治療を行っています。

しかし、ただ見た目だけ整えれば良いというものではありません。歯は、食事をしたり話をしたりといった行為になくてはならない、日常生活を支える器官です。歯としての機能を損なうことなく、しかも見た目も美しくなければならないのです。

カウンセリングを重視

審美歯科美しさとは、個人の感覚によって異なるものです。そのため、十分な話し合いをしてからでないと「満足のいく仕上がりにならなかった」というような行き違いが起きることがあります。

当院では、審美歯科に限らず、カウンセリングを非常に重視しております。カウンセリングを通じて患者さまのご要望をしっかりとお聞きし、豊富な治療メニューの中から、患者さまのご希望に合ったものをご提案しています。

また、当院ではデンタルX(テン)という説明用ソフトを使って、具体的にわかりやすく症状をお伝えしています。撮影した口腔内写真や症例写真をお見せしながら説明をするので、患者さまご自身もお口の中のことや治療方法を一目でご理解いただけます。

さらに治療方法をしっかりとご説明し、患者さまが納得できてから治療をスタートします。治療方法の説明が書かれたプリントや小冊子などもお渡ししていますので、ご自宅でゆっくり考えていただくこともできます。説明に納得していただけなければ、治療は始めません。

歯科金属によるアレルギー疾患

審美歯科「手足がかぶれてかゆい」「肌荒れが全然治らない」......。このような症状でお悩みのあなた。もしかしたら、お口の中にある詰め物や被せ物が原因の金属アレルギーかもしれません。

特定の金属が身体に触れることでかぶれやかゆみなどの症状を引き起こす金属アレルギーですが、実は口腔内の歯科金属などが原因でアレルギー疾患が起こるケースがあります。「皮膚科でいくら治療しても治らない」という方は、歯科金属が原因かもしれません。

当院では、アレルギーの心配がないノンメタル治療に取り組んでいます。金属を撤去し、金属を用いない材料に交換する治療を行っておりますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

金属アレルギーについて
お口の中に装着している義歯や詰め物など、歯科治療用金属(一般的にパラジウム・ニッケル・水銀など)が原因となり、顔や全身にアレルギー症状を発症する場合があります。

長期間装着することで、腐食や消耗などによって金属成分の溶解が起こり、金属がイオン化して体内に取り込まれます。それがアレルギーを引き起こす原因となるのです。もちろん、すべての方が金属アレルギーになるわけではありませんが、治療で金属を使用する際には十分な注意が必要です。

ノンメタル治療とは
ノンメタル治療とは、お口の中の治療で金属を使わないことです。現在日本の保険診療では、被せ物や詰め物のほとんどに金属が使われています。当たり前に使用されている金属ですが、上記でご説明したように金属アレルギーを引き起こす可能性があります。

ノンメタル治療では、金属の代わりにセラミックや、セラミックとプラスチックを混ぜたハイブリット素材などを使用し、金属アレルギーのリスクを取り除きます。

さらにセラミック系の歯に近い見た目の材質を使用することで、見た目にも美しい口元が実現できます。

【当院のおもな審美歯科メニュー】オールセラミッククラウン

審美歯科陶器の一種であるセラミックで作られた被せ物です。見た目が天然の歯のように白く、丈夫なことが特徴です。金属を使っていないので金属アレルギーの心配もありません。

<オールセラミッククラウンのメリット>
・見た目が白く美しい
・表面がなめらかで汚れがつきにくい
・金属を一切使っていないので、金属アレルギーを起こす心配がない

<オールセラミッククラウンのデメリット>
・材質がすべてセラミックでできているため費用がかかる

【当院のおもな審美歯科メニュー】メタルセラミッククラウン

審美歯科金属製の被せ物の表面に、陶器の一種であるセラミックを焼きつけたものです。見た目が白く美しく強度も高いので、よく治療で使われています。セラミックは細菌が付着しにくい材質であるため、本来の歯よりも汚れが付着しにくいという特徴もあります。

<メタルセラミッククラウンのメリット>
・色が天然の歯に似ているので見た目が白く美しい
・中身が金属なので強度が高い
・長年の良好な臨床成績があるので、どの部位でも安心して使用できる

<メタルセラミッククラウンのデメリット>
・特に前歯部では歯ぐきが下がると、歯と被せ物の境目がすべてセラミックのものに比べて目立つことがある

【当院のおもな審美歯科メニュー】ハイブリッドセラミッククラウン

審美歯科金属製の被せ物の表面に、陶器の一種であるセラミックとプラスチックを混ぜ合わせたものを貼り付けた被せ物です。天然の歯と同程度の固さなので、周囲の歯を痛める心配がありません。ただ、プラスチックが含まれているため、年月が経つにつれて次第に変色してしまう欠点があります。

<ハイブリッドセラミッククラウンのメリット>
・色調が天然の歯に近い
・天然の歯とほぼ同じ硬さなので、周囲の歯を痛める心配がない
・噛み合わせや歯ぎしりが強い患者さまにはベストなときがある
・費用が、すべてセラミックのものに比べて安価

<ハイブリッドセラミッククラウンのデメリット>
・時間が経つと変色してしまうことがある
・すべてセラミックのものより強度が劣る

【当院のおもな審美歯科メニュー】セラミックインレー

審美歯科セラミックインレーとは、陶器の一種であるセラミックでできた詰め物です。見た目は大変白く美しく、年月が経っても変色することがありません。

<セラミックインレーのメリット>
・見た目が白く美しく、ほとんど変色しない
・表面がなめらかで汚れがつきにくい
・金属を一切使っていないので、金属アレルギーを起こす心配がない

<セラミックインレーのデメリット>
・材質がすべてセラミックでできているため費用がかかる

【当院のおもな審美歯科メニュー】ハイブリッドセラミックインレー

審美歯科陶器の一種であるセラミックに、保険診療で使われるプラスチックを混ぜ合わせて作られた詰め物です。セラミックインレーよりも柔らかく、周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがありますが、年月が経つと変色することがあります。

<ハイブリッドセラミックインレーのメリット>
・色調が天然の歯に近い
・天然の歯とほぼ同じ硬さなので、周囲の歯を痛める心配がない
・金属を使っていないので、金属アレルギーを起こす心配がない

<ハイブリッドセラミックインレーのデメリット>
・時間が経つと変色してしまうことがある
・すり減ることがある

【当院のおもな審美歯科メニュー】ラミネートベニア

審美歯科歯の表面を一層削り、セラミック製のごく薄いチップを貼りつける施術です。ホワイトニングをしなくても、歯を白く見せることができます。

<ラミネートベニアのメリット>
・ホワイトニングに比べて短時間で白くでき、色調の後戻りがない
・クラウン(被せ物)に比べて歯を削る量が少ない

<ラミネートベニアのデメリット>
・表面のみ接着剤で装着しているので、クラウン(被せ物)に比べると取れやすい
・歯ぐきが下がってくると、天然の歯の部分が見えてしまうことがある
・すべての症例に対応できない

【当院のおもな審美歯科メニュー】ファイバーコア

審美歯科コアとは、根っこのみ残っている歯に立てる土台のことを言います。これまでコアの材質は金属が主流でしたが、グラスファイバー素材を用いた最新技術が「ファイバーコア」です。

<ファイバーコアのメリット>
・光を透過するので自然な仕上がりになる(セラミックの被せ物に最適)
・適度なしなりがあるので、歯が割れにくい
・金属を使わないので金属アレルギーの心配がない
・腐食しない

<ファイバーコアのデメリット>
・保険が適用されないため、レジンコアやメタルコアより費用がかかる

審美歯科コア(土台)の素材の違いについて
コア(土台)は目立たない部分ですが、歯を長く保つためにとても重要な治療となります。一般的に使用されている金属の土台(メタルコア)は丈夫ですが硬すぎるため、強い力がかかったときに歯が割れてしまうことがあります。このような場合、歯を残すのが難しい割れ方をすると歯を抜かなくてはいけません。

そのため当院では、歯の象牙質(歯の内側の部分)と同じくらいの硬さと弾性があり、歯への負担を大幅に軽減できるファイバーコアをお薦めしています。

ホワイトニングと組み合わせて、より白く輝く美しい口元に

審美歯科当院では審美歯科メニューと合わせて、ホワイトニングもご提供しています。セラミックで被せ物や詰め物を白くすると同時に、残っている天然の歯を白くすることで、より美しい口元を実現します。

当院ではご自宅で簡単にできる、ホームホワイトニングをご提案しています。

ホームホワイトニング
ホームホワイトニングとは、歯科医から指導を受け、ご自宅で患者さまご自身が行うホワイトニングのことを言います。

まずは患者さまの歯並びにフィットしたマウストレーを医院で作成します。それをご自宅に持ち帰り、ホワイトニング剤を注入して装着するだけです。毎日約2時間装着しているだけで、約1週間程度で歯が白くなってきます。

<ホームホワイトニングのメリット>
・低濃度の薬剤を使用するため、痛みが少ない
・透明感のある自然な白さを得ることができる
・ご自身のペースでホワイトニングができる
・後戻り(リバウンド)が少ない

<ホームホワイトニングのデメリット>
・効果発現が若干遅い
・象牙質やエナメル質が厚い歯では効果が得られるまで期間がかかる場合がある

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております