インプラント専用オペ室完備

インプラント専用オペ室インプラント治療が失敗する原因のひとつが、細菌の感染です。手術をしたところに細菌が感染すると、埋め込んだインプラント体と骨がうまく接合しなかったり、インプラント体が抜けてしまったりということが起こります。そのため滅菌対策は万全に行わなければなりません。

一般の治療室でインプラント手術を行うと、どうしても感染のリスクが高くなってしまいます。当院ではインプラント専用の手術室を完備しています。また、手術時にはオペ着の着用と施術用滅菌グローブを着用し、可能な限り感染を防いでいます。さらにインプラント治療に用いるものは可能な限り使い捨てのものにしてあります。

インプラント専用オペ室使い捨てができないものについては、専用の滅菌機で滅菌します。こうした対策を取っているからこそ、安心して治療を受けていただけるのだと考えております。ほかにもインプラント治療専用のインプランターや生体モニターといった最新の機器を揃えて、安全・確実な治療を行っております。

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております