2種類の拡大鏡を駆使した精密な技術で質にこだわった治療を提供します

質の高い治療のためには、患部を正確に見なければなりません。当院では「サージテル」という拡大鏡を用いて治療を行っています。

精密な技術

「せっかく治療を受けるのだから、治療した部分ができるだけ長持ちしてほしい」

歯科治療を受ける患者さまは、みなさまそう考えることでしょう。当院でも、患者さまのお口の将来を考えた歯科治療をしたいと願っています。

そのためには、質の高い精密な治療が不可欠です。当院の自由診療ではサージテルと呼ばれる拡大鏡を、治療に応じて2台使い分けて診療を行っています。より詳細に患部を確認したいときは8倍のサージテル、視野を広げて治療をしたいときは2.5倍のサージテルと、状況に合わせて使い分けています。

また、当院のサージテルには2台とも専用のライトが付いているため、患部をより明るく拡大して視ることが可能です。2台の拡大鏡を使用することで、患部を正確に把握して、適切な治療ができるのです。
特にセラミックを用いた審美歯科治療をする際には、拡大鏡下での治療は裸眼で行う治療より審美性・適合性が格段に上がります。

サージテルの特徴

サージテルサージテルは、小型の双眼鏡を眼鏡に取りつけたような形をしています。眼鏡と同じように顔にかけて使うので、両手を自由に使って施術ができます。

ポリカーボネイトという非常に丈夫で軽い材質でできているので、通常の眼鏡と異なり着けていることが気になりません。そのため、診療に集中できるという利点があります。元々は医科の繊細な外科手術で用いられていたものを改良して、歯科診療を行えるように開発されました。

歯科用に特化したLEDライト

サージテル歯科治療を行う際は「明るければ明るい方がいい」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、光度が強すぎると逆にハレーションを引き起こし、患部がよく見えなくなってしまいます。これは、快晴のときのゲレンデを想像していただけるとおわかりになるかと思います。

当院で採用しているサージテルは2台とも、専用のLEDライトがついたタイプ。明るさが歯科用に特化されているので、初期のむし歯や歯の小さなヒビなど見つけにくい患部も、はっきりと立体感をもって見られるようになっています。

サージテルを使用すると、歯の表面の凹凸だけでなく、歯垢や歯石の付きかた、歯の根管の内部、詰め物や被せ物のフィット状況まで、すべて視認できるようになります。そのため診断がつきやすく、より精密な治療を行うことができるのです。

サージテルの詳細はこちら

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております