お口の中全体を考えた、総合的な歯科治療

『悪くなった歯を治療するだけではなく、今後悪くならないようにする』そのためには、なぜ悪くなったのか原因を考えることが必要です。原因を取り除かずにその場しのぎの治療をしても、将来また悪くなってしまいます。歯は複数本あり、それぞれが密接に関係しています。良好な状態を維持するためには、1本1本の歯を見るのではなく、お口の中全体を診断して総合的に治療することが大切です。

総合的な歯科治療

歯を治療するとき「痛いところやむし歯だけを治療すればいい」と考えている方がいらっしゃいます。しかし、いくらむし歯や痛いところが治っても、歯周病になっていたり、噛み合わせが悪かったりすれば食事のときにしっかり噛むことはできません。また長い目で見ると、せっかく治療した歯がダメになってしまうこともあるのです。

お口は、たくさんの歯や歯ぐき、骨などが集まって作られているひとつの器官です。悪い部分を治すだけでなく、全体のバランスを考えながら治療しなければ、本当の意味でのお口の健康は取り戻すことができません。

カウンセリングをおこなっております

堺市の「初芝歯科クリニック」カウンセリングをおこなっております